肉・肉加工品

肉のスズキヤのレンジでチンギス3食セットをお取り寄せして、レビューしてみた!

お手軽にジンギスカンを食べたいけど「肉のスズキヤのレンジでチンギス3食セット」はどう?

全国の逸品をお取り寄せしながら、おとりよせ生活を楽しんでいるウチヤマリナです!

お取り寄せは実物を見て買うわけではないので、事前にどんな商品なのか、購入者の感想を知りたいですよね。

そんなあなたのために、実際にお取り寄せした私が「肉のスズキヤのレンジでチンギス3食セット」をご紹介します!

まず結論から言っちゃいますが…

お皿一つ出さずにジンギスカンが食べられますよ!

…です!

このレンジでチンギス3食セットを楽しみつくした私なので、自信を持って言えます。

「肉のスズキヤのレンジでチンギス3食セットが気になるけど、買おうかどうしようか迷ってる」あなたは必見です。

お家で手軽にジンギスを食べたい方は、ぜひ一度ご賞味ください!

遠山の衆が誇りに思う、肉のスズキヤ

信州の南端、赤石山脈の僻遠の谷「遠山郷」は、南アルプス聖岳(ひじりだけ)を水源とする遠山川が中央を流れる自然豊かな場所です。

「肉のスズキヤ」は創業50年を超えた老舗です。

創業夫婦が遠山の人々のアドバイスと自らの独創性で、現在の「鈴木屋の味」を作り、今は2代目となる店主と従業員が一丸となって、伝統の味を守りつつ新しい商品を生み出しています。

肉のスズキヤの考え方①:地場産・国産を優先

「買いやすい値段」と「安心・美味しい・楽しい!」を実現するために肉屋の目で選んだお肉を仕入れ、自社でオリジナル商品を開発しています。

そこには、スズキヤの味と遠山郷の風情が+αされています。

肉のスズキヤの考え方②:信州遠山郷で製造

遠山郷は山・川・水・空気が美しい土地で、遠山の衆の気質・気概は人情豊かです。

そこで、スズキヤの家業や感性は育まれました。

肉のスズキヤの考え方③:志を持つ

  • 遠山の衆が「村の誇り」に思ってくれる商品づくり
  • 家族や好きな人に自慢できる職場づくり
  • ふるさと支援、村おこし
  • 動物の命、食べる人の気持ち、を大切に
  • 仕入れ先やお客さんとの信頼の絆を結ぶ
  • 同業者も納得する品質
  • 「食べてもらえば伝わる」

スズキヤに伝わる味のヒミツ

信州・遠山郷「遠山ジンギス」には由来があります。

「ジン」とは「味をつける」という意味で、つまり「ジンギス」は「タレ揉みの味付肉」のこと。

そのため揉み込むタレには並々ならぬこだわりが!

味のひみつ①:語り継がれる秘伝のタレ

生ニンニクが香る極旨な熟成醤油ダレは。信州熟成三年生味噌が隠し味!

店主しか作り方を知らない醤油ベースの生ダレは創業以来60年以上変わらない「タレ揉み製法」と「お肉で元気をつけてほしい」の気持ちが味わいを深くしています。

味のひみつ②:厚切りカット タレ揉み製法

肉の肌目に応じて秘伝のタレを揉み込む製法に合った厚さの4mm~5mmでお肉をカットしています。

なので、食べ応えバツグン!

ただタレに漬けるだけではなくお肉にしっかりと揉み込んでいるので。味も格別です!

味のひみつ③:スズキヤ的 タレと肉の黄金比率2:8

北海道のジンギスカンのタレと肉の比率が5:5から6:4だとすると、肉のスズキヤの比率は2:8!

圧倒的にお肉の味わいが強いので、ジンギスカン以外にも唐揚げやカレーにも料理できるのです。

ジンギス・ぶたじん・とりじんを食べてみた!

お肉は冷凍で届くので食べる前に解凍する必要があります。

解凍のポイントは、冷蔵庫か室温でゆっくり解凍すること!

急いでいる時は封を切らずに真空パックに入れたまま流水解凍で。

では、さっそく作ってみます!

作り方は以下の通り。

電子レンジ加熱ver.

  1. 解凍したお肉を袋から出し、付属の耐熱陶板皿にほぐして並べる
  2. 500wで約3分レンジでチン(野菜を足す場合は約5分)

直火ver.

  1. 熱した耐熱陶板皿に脂を少々ひく
  2. お好みの野菜と一緒に炒める

どっちも2ステップで完成するんだ!しかもお皿ごと調理できるから便利だね!

このお皿もこだわってて、三重県の萬古焼って焼き物なんですよ!

まずはジンギスをいただきます!

野菜が少なすぎてちょっとしょんぼりな画になってしまいましたが、味はもうバツグン!!

めちゃんこおいしい!!

北海道で食べたジンギスカンよりおいしい!!

「味のひみつ」に書いてあるとおり、お肉にタレの味が染み込んでいます。

でもタレの味は主張しすぎずお肉の味がいきているのがスズキヤの腕ですね。

お次は、ぶたじん。

ぶたじんもジンギスと同じタレで味付けされていますが、豚肉と羊肉では味わいも変わります。

ぶたじんの方がジンギスよりもあっさり食べられました。

他にもカレーや酢豚の具としても使えるので、いろいろ試してみたいです!

最後は、とりじん。

とりじんのタレもジンギスとぶたじんと同じ、スズキヤの秘伝のタレ。

鶏肉は火を通りすぎるとパサパサになるので要注意ですが、 耐熱陶板皿がまんべんなく火を通してくれるので、簡単にジューシーで柔らかく焼きあがりました!

3種類の中で、とりじんが一番あっさり食べられます。

このまま完食もいいですが、せっかくなのでチャーパンを作ってみます!

耐熱陶板皿の上にレンジでチンした白米をのせ、その上に残しておいた具と卵ものせます。

あとは炒めるだけ。

簡単チャーハンの完成です!

お肉の脂とタレがご飯に染み込んでいて、焼き目も香ばしくて最高!!

お皿一つでシメまで作れるなんてお手軽です。

お取り寄せブームの火付け役、「おとりよせ王子」でも紹介!

色々なメディアで何度も紹介されていますが、ドラマ化もしたマンガ「おとりよせ王子」でも紹介されているため人気の高さは継続中!

【新品】おとりよせ王子 飯田好実 全巻セット (1-7巻 全巻)/高瀬 志帆/徳間書店

肉のスズキヤのレンジでチンギス3食セットを買うなら公式サイト!

肉のスズキヤのレンジでチンギス3食セットは公式サイトから購入が可能です。

定番ジンギス4点セットは楽天市場でも購入可能です。

オススメお取り寄せリストを公開中!

楽天市場でお取り寄せしてきた商品を「楽天room」で公開中です。

実際に購入したセットや商品しか載せていないので、ココを見ればサイトの中から商品名を検索する手間がなくなります。

ぜひ、ステキお取り寄せライフにお役立てください!

ブログよりも早い最新情報はこちらから!

ぜひフォロー&チャンネル登録をよろしくお願いします!

おとりよせ大好き
ウチヤマリナ
日本各地のおいしいお取り寄せグルメ情報を発信しています。自分で情報をキャッチし、実際に取り寄せてレビューをしたり、 アレンジメニューを作ったり、 料理動画を撮ったりしています。 グルメライター歴10年。
\ Follow me /