肉・肉加工品

小林牧場の甲州ワインビーフをお取り寄せして、レビューしてみた!

特別な日にはしゃぶしゃぶをしたい!それ用のいいお肉を買いたい!

全国の逸品をお取り寄せしながら、 おとりよせ生活を楽しんでいるウチヤマリナです!

お取り寄せは実物を見て買うわけではないので、事前にどんな商品なのか、購入者の感想を知りたいですよね。

そんなあなたのために、実際にお取り寄せした私が「小林牧場の甲州ワインビーフ」をご紹介します!

まず結論から言っちゃいますが…

しゃぶしゃぶするなら小林牧場の甲州ワインビーフがおすすめです!すばらしい赤身ですよ!

…です!

この甲州ワインビーフを楽しみつくした私なので、自信を持って言えます。

この記事では、

  • 小林牧場の甲州ワインビーフのレビュー
  • 小林牧場の甲州ワインビーフのアレンジメニュー

主にこの2点を紹介しています。

「小林牧場の甲州ワインビーフが気になるけど、買おうかどうしようか迷ってる」あなたは必見です!

おとりよせ王子で紹介されました!

甲州ワインビーフは赤身を追求した牛肉

小林牧場は山梨県甲斐市にある、標高約1,000mの地区にあります。

澄んだ空気と良質な湧き水で、甲州ワインビーフは飼育されています。

なぜワインビーフなのか。

それは、山梨県の特産品であるワインを作る過程で出るブドウの搾り粕を発行させた飼料を食べて育っているから!

ブドウの皮や種にたくさん含まれる良質な繊維とポリフェノールなどの機能性物質が、香り高い赤身をつくっているのです。

小林牧場の甲州ワインビーフを食べてみた!

右側が肩ロースで500g、左側がモモで400gです。

肩ロースは一枚ずつ、モモは4,5枚ずつ透明なシートに包まれています。

900gで8,500円以上するお肉は、食べるのも緊張します。

肩ロースしゃぶしゃぶ用

肩ロースは1枚がとても大きいです。

直径26cmはあるお皿からはみ出ます。

この大きさのお肉が13枚入っています。

1枚を半分に切ると食べやすいですが、まずはそのままいただきます!

土鍋には昆布だしが入ってます。

沸騰直前に昆布は取って、沸かした昆布だしに肩ロースをしゃぶしゃぶします。

火を通しすぎないのがポイント!

どんなお肉でも火を入れすぎると固くなります。

まだ上部に火が通っていないので、もう一度しゃぶしゃぶする必要がありますが、下部は良い感じです。

うっすらピンク色の状態で引き上げると、柔らかい肉質を堪能できます。

食べてみると、まぁ柔らかい。

本当に口の中でとろけて、ほんのり甘さを感じます。

脂肪の柔らかさじゃなくて、肉質が柔らかいんですよね。

モモしゃぶしゃぶ用

切り落とし生ハムぐらいの大きさのモモ肉は、28枚から35枚入っています。

大きさはこのくらい。

肩ロースよりも小さいので、しゃぶしゃぶする時間は短く。

これぐらいがちょうどいいです。

こちらは肩ロースよりもしっかりしています。

しっかり赤身って感じ。

でも全く筋っぽくなく、こちらも柔らかいです。

脂っぽくないお肉ですが、質が良すぎるので、ガツガツ食べられるものじゃないです。

大人4人だと少なすぎますが、2,3人でちょうどという感じです。

写真は撮っていませんが、しゃぶしゃぶ鍋なので、野菜も豆腐も用意しました。

それとご飯もいっしょに食べると丁度いい量だと思います。

小林牧場の甲州ワインビーフをアレンジしてみた!

アレンジといいますか、シメにマンガ「おとりよせ王子」3巻第30便で紹介されているアレンジレシピ、おじやを作ってみました!

ウチヤマは汁をたっぷり吸って、パンパンに膨らんだ状態が好きなので、こんな感じになりました。

牛肉のエキスをたっぷり吸ったおじやは、今まで食べたシメの中でナンバーワンでした。

たぶん一生、こんな贅沢なおじやは食べられないです。

お取り寄せブームの火付け役、「おとりよせ王子」でも紹介!

色々なメディアで何度も紹介されていますが、ドラマ化もしたマンガ「おとりよせ王子」でも紹介されているため人気の高さは継続中!

小林牧場の甲州ワインビーフを買うなら公式サイト!

小林牧場の甲州ワインビーフは公式サイトから購入可能です。

ブログに載せていない商品はこちらから!

楽天市場でお取り寄せしてきた商品を「楽天room」で公開中です。

こちらでは、ブログで紹介する機会がなかった商品も掲載中!

ブログと合わせてお楽しみください!

ブログよりも早い最新情報はこちらから!

フォロー&チャンネル登録をよろしくお願いします!

あなたにおすすめの記事