サイト内検索
カテゴリー
うちやま りな
おとりよせレビュアー
おとりよせ専門のレビュアー、うちやま です!
日本全国のお取り寄せグルメ&スイーツを実食してレビューしています。
食べた感想だけでなく、美味しい食べ方やアレンジレシピもご紹介!

■テレビ出演:名古屋テレビ「ドデスカ!」
■雑誌掲載:KADOKAWA「レタスクラブ」
次は「おとりよせ日記」で検索してね♪

四十万谷本舗のかぶら寿しをお取り寄せして、レビューしてみた!

当ページのリンクには広告が含まれています。
四十万谷本舗のかぶら寿しレビュー記事アイキャッチ画像

全国の逸品をお取り寄せして楽しんでいる、ウチヤマリナ(▶運営者情報)です!

お取り寄せは実物を見て買うわけではないので、事前にどんな商品なのか、購入者の感想を知りたいですよね。

そんなあなたのために、実際にお取り寄せした私が「四十万谷本舗のかぶら寿し」をご紹介します!

四十万谷本舗のかぶら寿しが気になるけど、買おうかどうしようか迷ってる」あなたは必見です。

“おとりよせ王子”で紹介されました!

四十萬谷本舗
タップできるもくじ

金沢の冬の味覚、四十万谷本舗のかぶら寿し

かぶら寿しは金沢の冬の名物として親しまれている郷土料理です。

そのため、日本全国で販売されているわけではありません。

かぶら寿しを食べようと思ったら、金沢に行くかアンテナショップに行くか自分で作るかお取り寄せをするかです。

そんな貴重なかぶら寿しは、江戸時代から金沢の冬のごちそうとして親しまれてきました。

寿しといっても、酢飯が入っているわけありません。

主な食材は、かぶら(かぶ)・ブリ・麹、の3つだけ。

とてもシンプルな一品です。

作り方もいたってシンプルで、塩漬けしたかぶらにブリを挟み、麹に漬け込んで乳酸発酵させるだけ。

要するにかぶら寿しは、 雪深くなる冬がくる北陸地方ならではの発酵したお漬物なのです。

四十萬谷本舗

四十萬谷本舗のかぶら寿しの正直レビューをご紹介!

四十万谷本舗のかぶら寿し1gあたりには、ヨーグルト同様の1億個の乳酸菌が生きていることが、石川県立大学の研究により確認されています。

なので、このかぶら寿しを食べると腸内環境が整う効果もあるのです。

四十万谷本舗が使用している、かぶら・ブリ・麹は、どれもかぶら寿しに適したものが選ばれています。

かぶらは、金沢近郊と能登の山里で育った特産の青首かぶらで、柿や梨のような甘味があり、漬け込むと糀と鰤と馴染み上品な味になります。

ブリは、1月から3月頃に獲れた天然の寒鰤を塩漬けし、10ヶ月ほど蔵でじっくり寝かせ、上質な生ハムのような深い味わいになるまで熟成させています。

麹は、四十萬谷用につくられた石黒種麹店の糀を、職人がよりいっそう四十万谷本舗のかぶら寿しの旨味を引き出すように仕上げた麹です。

袋の中には直径10㎝もない、丸い形のかぶら寿しが入っています。

食べる前に、麹がついたまま洗わずに6等分します。

8等分はサイズ的になかなか難しいです。

せっかくなのでお茶もいれて、金沢の名産品、九谷焼のお皿に盛り付ければ…

立派なお茶請けの完成です!

では、いただきます。

あぁ、ホッとしますわ。

四十万谷本舗のかぶら寿しは甘すぎず酸っぱすぎず、 麹のまろやかな甘さとほのかな酸味のバランスが絶妙!

かぶらもフルーティーでコリコリしていて、反対にブリは生ハムみたいにしっとりねっとりで食感も楽しい!

渋めのあついお茶といっしょに食べると、より一層かぶら寿しの旨みが味わえますし、口の中もさっぱりして食べ続けることができます。

かぶら寿し最高のお茶請けです!

四十萬谷本舗

四十万谷本舗のかぶら寿しの口コミを調べてみた!

ここまでは私の感想を書いてきましたが、 楽天市場の口コミを見てみましょう。

楽天市場での評価は…

5点満点中4.44点という驚異の高得点!!

口コミの中身は…

「おいしい!」という感想が多いのはもちろん、手土産用に購入したり、毎年冬の楽しみにしていたり、酒の肴にしていたり、と満足度の高さがうかがえます。

四十万谷本舗のかぶら寿しレビューまとめ!

この記事は、四十万谷本舗のかぶら寿しが気になっているあなたに向けて、ウチヤマが実際にお取り寄せしてレビューしました。

このレビューは参考になったでしょうか?なっていたらうれしいです!

ではでは、お取り大好きウチヤマリナ(▶運営者情報)でした♪

四十萬谷本舗

スポンサー広告

うちやま りな
おとりよせレビュアー
おとりよせ専門のレビュアー、うちやま です!
日本全国のお取り寄せグルメ&スイーツを実食してレビューしています。
食べた感想だけでなく、美味しい食べ方やアレンジレシピもご紹介!

■テレビ出演:名古屋テレビ「ドデスカ!」
■雑誌掲載:KADOKAWA「レタスクラブ」
タップできるもくじ